夫の駐在に伴いシンガポール、アメリカLAを経て現在は日本に在住。今は東京でまた薬剤師してます。いつでもお気軽にコメント下さい。
by chi-blog
カテゴリ
アメリカ いろいろ
アメリカ 食
アメリカ 家
アメリカ 旅 & お出かけ
日本 ビックリ
日本 いろいろ
日本 食
日本 旅&お出かけ
シンガポール 文化・生活
シンガポール 食
シンガポール いろいろ
薬剤師
TV・映画・ドラマ

その他
★コメントの書き方★
以前の記事
リンク
アメリカの錠剤
先週、アメリカの錠剤は色もスゴイよね?というコメントがあったので・・・今日はその医家向けの錠剤の話です。(この業界でない方々、今日は薬のオタクな話でごめんなさい)
以下の写真は3年前のDrug Handbookからのものなので、もしかして今は変わっている点があるかもしれません。
d0015682_125484.jpg←まずPremarin(下の5剤)。日本だと確か今は白い0.625mgしかないよね?(前はオレンジ色の1.25mgもあったけど)。アメリカでは0.3~2.5mgまで5規格もあります。ほんと舌に色が着きそうだよね・・・。


d0015682_12435699.jpg→右はLevoxyl、いわゆるチラージンSです。これも25~300μgまで12規格もあります。(日本では25,50,100μg(?)の3規格しかないよね)

d0015682_12451794.jpg←そして私が個人的にかわいくて好きなのが上の穴あき錠剤Valium、いわゆるセルシン(ジアゼパム)です。規格も2,5,10mgで日本と一緒です。(ValiumなのでVの字に穴が開いてます。同じメーカーで他の錠剤も頭文字の形に穴が開いてます)ちなみに下の4剤はVasotec、つまりレニベースです。

d0015682_12295824.jpg←そしてCoumadin、ワーファリンです。これも日本と違って1, 2, 2.5, 5, 7.5, 10mgまで6規格も!でもやっぱり0.5mgはないみたい・・・アメリカ人にはそんな規格は必要ないのかな。(日本では0.5mgも出たんでしょ?)

アメリカでこのように錠剤の色がカラフルなのは、日本のようにシートに入っておらずバラの錠剤を数えて調剤するため、わかりやすくしてあるのだと思います。全部同じ色より調剤ミスは減るだろうけど監査する人は覚えるの大変だよねぇ。さすがアメリカの薬剤師!だよね、ほんと。

また他にも何か御要望があればいつでもお知らせ下さいませ。
[PR]
by chi-blog | 2005-04-08 13:25 | 薬剤師
<< ショッピング マレー料理 >>


最新のトラックバック
アンティカ・オステリア・..
from ブログで情報収集!Blog-..
結局今度は
from 面白いモノ見つけた!!!
英単語を7日で500個覚..
from 英単語マスターへの道
IKEA ~イケア~
from ちーのアメリカ生活♪ ~そし..
私の白い歯がステイン(着..
from 歯を白くホワイトニングする方法
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧