夫の駐在に伴いシンガポール、アメリカLAを経て現在は日本に在住。今は東京でまた薬剤師してます。いつでもお気軽にコメント下さい。
by chi-blog
カテゴリ
アメリカ いろいろ
アメリカ 食
アメリカ 家
アメリカ 旅 & お出かけ
日本 ビックリ
日本 いろいろ
日本 食
日本 旅&お出かけ
シンガポール 文化・生活
シンガポール 食
シンガポール いろいろ
薬剤師
TV・映画・ドラマ

その他
★コメントの書き方★
以前の記事
リンク
ディンタイフォン in Japan !

今日は母と2人で、二子玉川の玉高(=玉川高島屋)へランチに。
念願の日本の鼎泰豊(ディンタイフォン)へ。

d0015682_1902342.jpg以前にも"小龍包"や"ディンタイフォン"のところでもお話しましたが
私は小龍包が大好きです♪

d0015682_1905640.jpg日本のディンタイフォンは台湾やアメリカよりお値段が高いと聞いていましたが、ここではお昼はアラカルトよりもセットメニューにした方が客の回転が早いと見込んでか(?)夕方5時までの¥1200~1500前後のセットメニューなるものがメインのようでした。
(ちなみにアラカルトの小龍包は6個で税込¥609なので、アメリカの10個で$6ちょっとに比べれば確かにちと高いね。本場台湾では一体いくらなんだろか?)

そして、そのセットメニューです。
母のオーダーした海老チャーハンのセット(スープ付き) ¥1260(税込) 
d0015682_1939585.jpg

と、私の叉焼麺(チャーシュー麺)のセット ¥1260(税込) 
d0015682_1939288.jpg
セットにはいずれも小龍包4個がついてきますが、メインの炒飯にしてもチャーシュー麺にしても写真だとそんなふうに見えないかもしれないけど、その量が大変お上品でして・・・食べ終わっても正直、腹8分め状態でした。
(これはセットなので小さめの器なのかと思っていたら、あとで見たところ単品でも同じサイズのようで¥800くらいみたいです)

そして肝心の小龍包は、もちろんかなりジューシーでおいしかったんだけど、なぜかアメリカのディンタイフォンの時のような感動はなかったんだよねぇ。なんでだろ?
日本に帰ってきたら舌が肥えてしまったんだろうか・・・。んなことないと思うけど。
でも久しぶりに小龍包が食べられて幸せでした。


それにしても平日の昼間の玉高にあんなに”チビっ子連れのママさんたち”が多いなんてビックリ!
みんなストローラーひきながら歩いてるんだもの・・・。
そして、玉高のスタバは走り回る子供たちで”野生の王国”と化しておりましたとさ。
[PR]
by chi-blog | 2005-09-02 20:34 | 日本 食
<< 今度は南翔饅頭店へ・・・ たまにはおいしいものを・・・ >>


最新のトラックバック
アンティカ・オステリア・..
from ブログで情報収集!Blog-..
結局今度は
from 面白いモノ見つけた!!!
英単語を7日で500個覚..
from 英単語マスターへの道
IKEA ~イケア~
from ちーのアメリカ生活♪ ~そし..
私の白い歯がステイン(着..
from 歯を白くホワイトニングする方法
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧