夫の駐在に伴いシンガポール、アメリカLAを経て現在は日本に在住。今は東京でまた薬剤師してます。いつでもお気軽にコメント下さい。
by chi-blog
カテゴリ
アメリカ いろいろ
アメリカ 食
アメリカ 家
アメリカ 旅 & お出かけ
日本 ビックリ
日本 いろいろ
日本 食
日本 旅&お出かけ
シンガポール 文化・生活
シンガポール 食
シンガポール いろいろ
薬剤師
TV・映画・ドラマ

その他
★コメントの書き方★
以前の記事
リンク
カテゴリ:薬剤師( 11 )
Pharmacy Technician
大変ごぶさたしております。

私が約1年半このブログをほったらかしていたあいだに、アメリカのPharmacy technicianについて
何名か薬剤師の方からコメントをいただきました。
せっかく鍵コメでメールアドレスまで残していただいたのにお返事できずに申し訳ありません。
ほとんどの方はテックの試験に使ったテキストを教えて下さい、とのことだったので
今さらですが、この場を借りてお返事させていただきます。
もしくはこれから受けられる方々の参考になれば幸いです。
(この資格についての詳細は3年前の「ファーマシー・テクニシャン」の記事を参照)

d0015682_2565345.jpgDelmar's Pharmacy Technician Certification Exam Review  (Dec 16, 2003)

ISBN-10: 0766814327
ISBN-13: 978-0766814325

適当に何冊かAmazonで選んで買ったのですが時間もなかったため、結局私が使ったのはほぼこの1冊だけでした。
各チャプターのはじめに簡単なレビューがついていて、あとは練習問題って感じかな。
私は当初、これが過去問だと思っていて本番前にネットで模擬試験を受けてビックリ!
そして実際の試験はそれともまた違ってさらにビックリでした。
きっとちゃんと探せば、もっといいテキストや過去問があったんでしょうね。
だって試験会場で他のアメリカ人に見せてもらったら結構みんないろんなの持ってたもの・・・。

あともう1冊、一般名と商品名を覚えるのにそれ用のポケットなんちゃらみたいの買いました。
確かナース用のを買った気がする・・・。

以上、あまり参考にならないと思いますが、テックの試験自体は日本の薬剤師の国試を通って
基礎ができていればパスできるレベルかと私は思います。
しかし、いずれも3年前の話ですから今は状況がいろいろ変わってると思うので
他の受験された方々にも伺ってみて下さい。よろしくお願いします。
[PR]
by chi-blog | 2008-01-24 01:55 | 薬剤師
ブロガーとして薬剤師として、ちょっと気になる事件

TVのニュースを見ていて、ちょっと不思議に思っていたので調べてみました。
というのも、世間を騒がせている静岡の酢酸タリウム事件の女子高生のブログ
ニュース画面に出ている光景をよく目にするので「これってまだ削除されてないの?」と
ここ数日、ブロガーのはしくれとして気になっておりました。

で、結果は・・・当たり前ですが、すでに楽天の方で削除されてました。
しかし、世の中には削除前の内容をすべて転記されているブロガーの方も
多々いらっしゃるようで・・・。それの方にビックリだったかも。
さすがにそれを読んでみようとは思わなかったけど、キャッシュでオリジナルの
トップページだけチラッと覗いてみたところ、プロフィールに以下のようにありました。

     現実と夢の区別を無くしたいと考えている高校生。
     将来の夢は子供になること。

だそうです・・・。

それにしても、薬剤師として気になるのは”18歳未満に劇物を販売した薬局”側の責任。
私は今は調剤専門なので、OTC(一般市販薬)やらこの手の毒物・劇物販売に詳しくは
ないんだけど、普通ありえないでしょ。高校生に売っちゃうなんて・・・。
決まりは決まりですからね。
本当はこの薬局への取調べやら処罰も気になるところですが、あまり表に出てくる
話題ではないようで、詳細はわからない現状です・・・。(どなたか御存知でしょうか?)

とはいっても、この彼女、ネットでも何らかの劇物を入手できたようなので・・・。
ブログといえ、この劇物購入といえ、ネット社会の怖さを象徴するような事件です。
これからも、この手の事件は増えていくのでしょうか・・・。
[PR]
by chi-blog | 2005-11-11 14:27 | 薬剤師
Vioxx訴訟  280億円?!

Excite 主要ニュース "鎮痛剤バイオックス訴訟"
久しぶりに薬ネタ。(ここのところ自分が薬剤師であることを忘れかけてたよ・・・)

同じ薬で4200件以上もあるVioxx訴訟の1件目の判決が出た。
Vioxxは日本では未発売だけれど、1999年に発売されてリウマチなどに使われていた
消炎鎮痛剤でアメリカでめちゃめちゃ売れいてた薬。
世界80カ国以上で発売されていたらしい。

日本でも臨床試験に入っていたが、心臓への副作用がわかった時点で開発は
中止していたので、今回は一応日本は関係ない。
(一部、個人輸入していた人もいるようだけど・・・)

そして今回判決が出た1件目の訴訟はTexasに住む御主人を亡くされた奥さんが
起こしたもの。その賠償金額が2億5340万ドル(約280億円)と聞いてビックリ! 
しかし、これだけでなく、他にもアメリカでまだ同じVioxxがらみの訴訟が4200件以上も
あるという。

そういえば去年末~今年はじめにかけて、アメリカでもローカルの新聞などに法律事務所が
よく広告を出して、過去にVioxxを服用した患者の原告を募っていた。
今思えば、あれが積もり積もって全米各地で4200件にもなったのかと思うとスゴイ。
というか、もちろん製薬メーカーにもそれだけの責任があるワケだけれど・・・。
今後の他の訴訟の行方も気になる。
[PR]
by chi-blog | 2005-08-21 22:37 | 薬剤師
アメリカの薬局

アメリカには日本のような"調剤専門"の薬局はない。(←とか言い切っておきながら”多分”ないと思う・・・)。
なので、prescription(処方箋)をfill(調剤)してもらうにはSav-onとかWalgreens, Rite Aid, Longs DrugsといったOTC(市販薬)や雑貨なども手広く扱うドラッグストアか、Ralphs, Vons, Albertsonsといった食品スーパーの中にある薬局か、Wal-Mart, Target といった雑貨や日用品を扱うホームセンターの中にある薬局などで調剤してもらうことが多い。もちろん街の中にはいわゆる昔ながらの個人経営の薬局も存在するので、そこでfillしてもらうことも可能だ。

d0015682_14345461.jpg写真はうちの近所のドラッグストアWalgreensで、ここの店舗はかなり小さい方なんだけど写真を撮ってきた。
手前にある赤いサイン(看板)の下の白い部分に2行ほど文字が書かれているのがわかるだろうか?
冬のインフルエンザの予防接種の時期になると、ここに"Flu shot $○○"なんて値段が出ていたりして薬局で注射してくれるのは日本と違ってスゴい。
(車で走りながら写真撮ったから見にくくてすんません)


d0015682_14381635.jpg←そしてこの建物の右側が調剤用のドライブスルーの受付窓口になっている。
ドラッグストアなら、よほど都会の店舗でない限り、スペースに余裕があれば、だいたいどこの店でもこのドライブスルーを設けているところが多い。
日本でも地方では調剤薬局でドライブスルーをやってるところもあるらしいけれど、マックじゃあるまいし時間に急かされて調剤ミスが起きないの?なんてよく言われてるけど、実際のところはどうなんだろうかね。

私はアメリカに来てから仕事もしていないので何のストレスもないせいか、全くといっていいほど何の病気やケガもせず毎日元気で、残念ながらDr.にかかることもないので、薬剤師のクセにいまだ、アメリカの処方箋の現物を見たことがない。
ゆえに調剤してもらうために薬局に行くこともなく・・・そろそろヒドイ風邪でもひいてみたいところだわ、なんてね。

あと、最近では郵便やFAXに加え"online pharmacy"なるものも存在して、ウェブを使って調剤を依頼することもできる。
たとえばdrugstore.comのprescriptionなんていうこんなサイトで薬剤名と錠数を入力するとその場で誰でも値段までわかる仕組みになっている。この方が手数料なども安くすむので保険会社によっては推奨しているところもあるとか、ないとか・・・。しかも隣りのCanadaの方が薬価が安いので、よその国なのにそちらへオーダーする人も多いらしい。でも隣りのMexicoでは薬局で処方箋薬を普通に処方箋ナシで安く買えたりするので日帰りでそっちにわざわざ国境を越えて買いに行く人もいたりするくらいだからね・・・さすがアメリカだ。
全くなんてこった・・・だよね。
[PR]
by chi-blog | 2005-04-25 15:56 | 薬剤師
歯のホワイトニングの成果

昨日でついに最終日(14日目)を迎えた歯のホワイトニング。結果はともあれ、きちんとコンプライアスよく1日2回30分ずつ頑張った。(と、こう来る時点で予想つくよね・・?)

結果の方は・・・本人的にはあまり変わらないと思うけど上の歯が少しだけ白くなった気がする程度かな・・・。夫に言わせると「なんとなく両方白くなった気がするけどねぇ・・」だって。本当は施行前・施行後で写真を撮ったんだけど、ここに一般公表できる歯並びではないので控えます。(とはいっても劇的に白くなってたら、そんなのお構いナシに公表しちゃうかも?)

でもこれ、喫煙者のタバコのヤニとかコーヒー・紅茶でシミのついた歯を白くします、みたいな歌い文句だったので「タバコも吸わない、コーヒーも飲まない、紅茶は飲むけど最近はミルクティー」とかいってる私にはあまり効果ないのかも。もちろん個人差あるだろうけど。
それに1日2回ってかなり面倒でした。私は朝・夜に分けて1日2回やったけど2回分続けて1日1回1時間やってもいいんだって。(でも30分ずつテープを貼り替えなきゃいけないから同じことだけど・・・)

私が買ったのは初期に出たClassicの14日間ものだったけど、7日間のPremiumも出てるし、さらにまた新しいPremium Plus(10日間)も出てるみたいなので、こうなったらムキになってリベンジで再チャレンジしちゃう?なんて。
[PR]
by chi-blog | 2005-04-11 15:03 | 薬剤師
アメリカの錠剤
先週、アメリカの錠剤は色もスゴイよね?というコメントがあったので・・・今日はその医家向けの錠剤の話です。(この業界でない方々、今日は薬のオタクな話でごめんなさい)
以下の写真は3年前のDrug Handbookからのものなので、もしかして今は変わっている点があるかもしれません。
d0015682_125484.jpg←まずPremarin(下の5剤)。日本だと確か今は白い0.625mgしかないよね?(前はオレンジ色の1.25mgもあったけど)。アメリカでは0.3~2.5mgまで5規格もあります。ほんと舌に色が着きそうだよね・・・。


d0015682_12435699.jpg→右はLevoxyl、いわゆるチラージンSです。これも25~300μgまで12規格もあります。(日本では25,50,100μg(?)の3規格しかないよね)

d0015682_12451794.jpg←そして私が個人的にかわいくて好きなのが上の穴あき錠剤Valium、いわゆるセルシン(ジアゼパム)です。規格も2,5,10mgで日本と一緒です。(ValiumなのでVの字に穴が開いてます。同じメーカーで他の錠剤も頭文字の形に穴が開いてます)ちなみに下の4剤はVasotec、つまりレニベースです。

d0015682_12295824.jpg←そしてCoumadin、ワーファリンです。これも日本と違って1, 2, 2.5, 5, 7.5, 10mgまで6規格も!でもやっぱり0.5mgはないみたい・・・アメリカ人にはそんな規格は必要ないのかな。(日本では0.5mgも出たんでしょ?)

アメリカでこのように錠剤の色がカラフルなのは、日本のようにシートに入っておらずバラの錠剤を数えて調剤するため、わかりやすくしてあるのだと思います。全部同じ色より調剤ミスは減るだろうけど監査する人は覚えるの大変だよねぇ。さすがアメリカの薬剤師!だよね、ほんと。

また他にも何か御要望があればいつでもお知らせ下さいませ。
[PR]
by chi-blog | 2005-04-08 13:25 | 薬剤師
サプリメント
d0015682_840406.jpg
私がいつも飲んでるサプリメント(手前の左3つ)と右はClaritin(クラリチン)の錠剤。
アメリカの錠剤って本当に大きい。最近は見慣れてしまって何とも思わなくなったけど、今度はクラリチンが小さく思えて困る・・・。落としたら探すのが大変。なんて日本ではまだこれ普通のサイズだよね。(左から3番目の1番大きい錠剤にはさすがに一応、割線が入ってます。)

まず左から順に・・・
Vitamin B-complex, Vitamin C 500mg, Women's multivitamin & mineral
マルチビタミン&ミネラルを"Women's(女性用)"にしているのはやっぱりCa(カルシウム)が450mgと多いから。でもそれに対してMg(マグネシウム)が50mgと少ないのが難点かな。これだったら200mgくらいは欲しいよね。あとはこれにFolic Acid(葉酸)が400μgも入ってるんだけど、妊婦用のマルチビタミンPrenatal(プリネータル)にはさすが800μgも入ってました。(ちなみに夫の飲んでる普通のマルチビタミン&ミネラルも葉酸は400μg)でも日本だと葉酸て普通200μgくらいしか入ってないよね?

私が飲んでるのはTARGETブランドの安物なので、本当は探せばもっとバランスのよいサプリメントがいっぱいあるのかも。(面倒くさくていまだに探してないけど・・・)
ちなみにお値段はビタミンBミックス(250錠=250日分)が$6.50(約700円)、ビタミンC500mg(500錠)$9.00(約950円)、女性用マルチビタミン&ミネラル(200錠=200日分)$8.40(約900円)、夫の普通のマルチビタミン&ミネラル(250錠)は$10.00(約1100円)です。

d0015682_838699.jpgあとこちらのOTC(市販薬)には必ずヒートの裏に1錠ずつ全部にロット期限が表示されているんだけど、これいいよね。バラになっても困らないし。日本でも最近OTCではこの手の期限表示してるみたいだけど、医家向けの薬ではいいとこ10錠のPTPヒートのはじっこに1ヶ所入ってる程度だもんね。(写真はクラリチンのOTCヒートです )
[PR]
by chi-blog | 2005-04-01 12:30 | 薬剤師
歯のホワイトニング

以前より気になっていた、ちまたで噂のCrestのWhitestripsを今日ついに買ってみた。

d0015682_333482.jpgといってもそれほど高いものではないので今までただ面倒なだけだったんだけど・・・。これは過酸化水素が含まれたジェルが塗ってあるバンドエイドくらいの透明なテープを1日2回30分ずつ歯に貼って、それを14日間続けるとウソか本当か歯が白くなり1年はそれが持続するというもの。箱には「14日間使用してホワイトニング効果がなければ全額返金します」と書いてあるのでP&Gがそこまで自信をもって言うなら、とついに買ってみることにした。
というわけで、今日から14日間実験に入ります。後日また報告。

写真は上の青い方が上の歯用で、下の白い方が下の歯用のテープ。
[PR]
by chi-blog | 2005-03-28 14:37 | 薬剤師
アメリカでも「救命病棟24時」やってます

今日は車で15分くらい離れたところに住む国際結婚した札幌出身のM子さんの家に行って来た。彼女は先月、北海道に「さっぽろ雪まつり」を見に夫婦2人で日本に一時帰国したそうだ。しかし南カリフォルニアで生まれ育った御主人に初めての”真冬の札幌”の気候はかなり厳しい・・・。コートや防寒具などを一から揃えて万全の準備で帰国したが、やはり厳しかったらしい。

そして夜はTVで7時半からやっている「救命病棟24時」を見た。恐らく日本のオンエアーよりも何週間か遅れて放送しているはずだが、先週はアカデミー賞を見ていて忘れてしまったので話の流れが少しわからなかった。このドラマを見ていていつも思うのは「やっぱり松嶋菜々子きれい~」ということと、「いざ災害が起こった時に私たち薬剤師には何ができるのだろうか?」ということだ。飛行機の中で急病人が出てもドクターとナースは役に立てるがたいていの場合、薬剤師は無力に等しい・・・。でも見ていて(NBCの「ER」には劣るが)ボランティア問題などいろいろ考えさせられるドラマであることに違いはない。
(そういえば忘れてたけど今日はLAマラソンがあったらしい。見に行けばよかった・・・。)
[PR]
by chi-blog | 2005-03-07 14:04 | 薬剤師
Pharmacy Techinician ~ファーマシー・テクニシャン~

日本では薬剤師が調剤から患者への投薬まで任されているが、ここアメリカでは薬剤師のほかにPharmacy Technician(通称:テック)と呼ばれる職種がある。

これは薬剤師のもとで調剤だけできる仕事で、患者への投薬やカウンセリング、Drへの問い合わせは薬剤師でなければできない。しかし州によって違うが、この資格を取っていなくてもテックとしての仕事をできる州はたくさんある。(ちなみにカリフォルニアは有資格が条件だが、NY州はなくてもよいらしい。)そして免許を維持するには指定された単位だけ継続研修などを受けた上で2年ごとの更新が必要となる。

賃金はPTCBのウェブサイトによると 「地域差や調剤経験などさまざまな条件で異なるが、時給にして平均$6.50(約700円)~$13(約1400円)のレンジに入る人がほとんどで、それでも多くのテックは$15(約1600円)以上もらっている 」らしい。(←ちょっとこの文章って一瞬考えちゃうよね?)

d0015682_14403793.jpg受験資格は国籍・年齢を問わず、高校卒業の学歴があればSSN(social security number)を持っていなくても受験できる。試験は筆記だけなので日本で薬剤師の国家試験を通っていれば特にテック用の学校に通わずとも過去問を勉強すればパスできるレベル。ただし法律と保険制度の違いがあるので多少の勉強は必要かも。あと一般名と商品名を覚えることもね。(←これがまたこちらで現場に出て仕事しているワケじゃないと、アメリカの商品名を覚えるのが結構大変なんだよね・・・)
でも外国人が資格を取得したとしても仕事をみつけようにも英語力とビザの問題もあり、求人も日本での薬剤師とは違ってそれほど多いとは思えないので多分難しいだろう。(実際に求職活動したわけじゃないからわからないけど)

私も去年の秋、時間があったので勉強してとりあえず受けてみた。
もちろんこちらで働く気はないけど(というか諸事情で働けないけど)日米の医療制度や考え方の違いなどいろいろな意味で勉強になったと思う。
(写真は2年間有効なライセンス)
[PR]
by chi-blog | 2005-03-05 14:29 | 薬剤師


最新のトラックバック
アンティカ・オステリア・..
from ブログで情報収集!Blog-..
結局今度は
from 面白いモノ見つけた!!!
英単語を7日で500個覚..
from 英単語マスターへの道
IKEA ~イケア~
from ちーのアメリカ生活♪ ~そし..
私の白い歯がステイン(着..
from 歯を白くホワイトニングする方法
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧